医療的ケア児に対応できる学習支援施設

メルケア プリスクーリングにおける支援の種類

メルケア プリスクーリングでの児童発達支援は、医療的ケアが必要なため保育園・幼稚園に通園できない児童で学習能力が有り、発達に係る療育支援が必要な児童、読み書き、計算、考えをまとめるなどが苦手でICT(Information & Communication Technology)により代替機能の構築など合理的配慮が求められる児童が主たる対象です。プリスクーリングでは、小学校入学前の準備として障害のある児童生徒のICTスキルを上げていくプログラムを提供します。教室でのITC利用は、「教えるために教師が使う道具」から「自ら学び生きるために生徒が使う道具」へと変わっていきます。今後、学校内において、ICTの活用が予想され、教師による一斉指導ではなく、児童生徒自身が利用主体となるべき合理的配慮が求められます。児童生徒の学ぶ権利の環境整備を図り、支援技術によって、書く、聞く、読むなどに治療教育的アプローチや児童生徒にとって有効な代替機能を、大学・協賛企業や保護者とともに構築していきたいと考えています。

保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校等を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援を行うことにより、保育所等の安定した利用を促進します。障害児が障害児以外の児童との集団生活に適応することができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な支援を行います。この制度は児童福祉法を根拠とし、当事業所に通所中の児童が対象です。保育所等訪問支援で看護師が保育園・幼稚園等で医療的ケアを実施することも可能ですが、保育所等訪問支援は厚生省の見解では月に2回程度で、児童の状況に応じて自治体が決定します。


メルケア プリスクーリング

(メルケアみなとセンターから新橋方面100m先)

105-0003 東京都港区西新橋1丁目225号新橋TSビル1

◎設置者:特定非営利活動法人メルケアみなとセンター

提供地域:港区・中央区

提供する支援の種類:児童発達支援(定員10名)、保育所等訪問支援2事業多機能型(土日休業)

(ご利用に際し、新事業所との新規のご契約が必要です。)

◎午前8時30分から午前12時30分までは医療的ケア等が理由で保育園・幼稚園に入学が認められていない自足歩行ができ学習受容力のある児童(主に年中~年長)を対象とし、小集団(2~3名)での就学前訓練を実施致します。

◎午後1時から4時の時間帯は幼稚園等降園後の児童が対象となります。

◎送迎サービスはございません。