早期発見、早期療育は多くの課題を克服できる。

特定非営利活動法人メルケアみなとセンターは、NPOという中立的な立場で児童発達支援のカウンセリング、学習介入支援、行動介入支援、成長過程のモニタリング、発達障害児療育に携わる指導者臨床訓練セミナー等を実施しています。公的給付の対象者でない方または未申請の方、今後公的給付による通所支援事業や相談支援事業をご利用希望の都内在住の保護者の方で、自治体から通所給付等の決定がなされるまでの間の児童の療育に関する事前のご相談、児童の再アセスメントやファミリーストレスに関するご相談、発達障害の懸念がある児童の進学等に関するご相談を実施しております。メルケアの活動は、児童本位の長期的視野に立った療育の無料相談支援を行うもので、同時にファミリーストレスの軽減に重きを置いております。ご相談内容によっては自治体、保育・教育機関、レスパイトケア等の家族支援施設、各種福祉事業所、医療機関と連携する場合もあります。


発達に課題をもつ子供たちには,「地域」での「生活」を視野に「自立や社会参加」に向けた長期にわたる個別支援が必要です。こうした支援は保育園、幼稚園や学校の中だけでは完結しません。日々成長しているこどもを間近にして今何ができるのか。大きな目的の一つは私たちの子どもの教育を受ける権利、学ぶ権利を支援し、将来に一人で就業し自活できるようにすることであり、それには早期発見、早期療育が何より必要だと私達は考えています。